りょくの小部屋。*

りょくの好きなことを好きなだけ気ままに

Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~another record リッカ感想


こんばんわ、りょくです!
書かないと忘れちゃう人ので引き続き、更新です。

アバソンからずっと気になっていたリッカ。
大人で、冷静沈着でゼンのお世話役みたいな立ち位置でいいコンビだと思いました。
だいたいゼンが騒いだら、リッカが落ち着いて対応する感じですね。

でも、リッカルートやって思ったのがソラ早く落としたいと

やり方はおかしいかもしれないけど、なんか完全に否定は出来なかった私。
最後のお楽しみにとっておくことにしましょうか。
リッカルートはヒトによっては賛否両論が飛ぶ気がします、でも私はなんかリッカらしいなと思ったことと、後半少しだけ衝撃がありました。

 

Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~

リッカ

キャラ      f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
シナリオ  f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
スチル     f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
糖度        f:id:LittleGirl_Cry:20161123082854g:plain

総合       f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
今度は恋に怯えないで恋して欲しいかな。

f:id:LittleGirl_Cry:20161122200155g:plain


リッカは結論からいうとアメと大きくかかわりがあります。
やったことのある方は意味が分かると思います。のちのちお話ししたいと思います。

リッカはお酒がとっても好きで、
ほとりちゃんの父親のお高めのお酒に手をつけます。酔うと楽しくなるタイプかな
巻き込んで寝てしまう二度ぐらいほとりちゃんを抱き寄せて寝てますからね(笑)
リッカはゼンと違って、このお仕事は義務感。

「ゼン、もしかしなくても楽しんでませんか?」
「いーや、全然!」
逆にゼンは楽しみながら任務に遂行してる感じだと思うんだよね。



リッカルートでは少しゼンでは触れなかったソラのこと触れてみますね。
あの交通事故で事故の日の記憶も兄の記憶もなくしてしまうのですが、
それでも彼はほとりちゃんを守る為に、死神になってまで彼女を守ってます。
ゼンとリッカというほとりちゃんが死んでしまう原因を排除しようとしています。

そんなとき、リッカと小学校に訪問して当時の担任の先生に会い、
欠けていた記憶を少しずつ引き出されます。
「あなたには兄がいたのよ、ほら、覚えてない?」と、

そこで両親に聞くと全て話してくれます。

写真がないのはあなたのためだと思って、おばあちゃんの家に置いてあるのよ。
そして、訪れた先で真実を知ります。

兄のソラのこと、そしておばあちゃんの両親のことを聞きます。
おばあちゃんがリッカが誰かに似てるのよ、そうだ。私の本当の父親に似ていると。
ほとりちゃんのおばあちゃんは、リッカの娘だったんです。

リッカの人生は正直いって幸せなものとは言えませんでした。
貧しい大正時代、不幸の連続で虐待は受け、食べるものはなく、倒れてしまう。
そんなとき拾われたのがアメの屋敷の旦那様で、リッカは使用人として雇われました。
アメは軟禁状態で、その話し相手をしていたのが使用人のリッカでした。

そして、そこで出会った屋敷の長女、灯里さんと恋に落ちてしまいました。
恋してはいけない相手に、恋してしまう。灯里さんは結婚することになり、
リッカではない別の誰かと、それが嫌で一時の感情で夜を明かしてしまいます。

そして、解雇され、自害した。でも知らなかった。

その時に宿した子供がいた、そして生まれたのがほとりちゃんのおばあちゃん。
なんか凄い繋がりですよね。ずーっと昔の親戚にあたるんですもん。



終わりは灯里さんのお墓参りです。ずっと気がかりだった。
彼女が幸せだったか、不幸ではなかったか。それが彼の未練でした。
ここのシーン凄く好きで、ファンタジー要素はあるものの
灯里さんはほとりちゃんの傍にずっといて、リッカを見守っていたんです。

とても愛し合っていたことが伝わりました。
だけど女である前に母親でありたかった。
ほとりちゃんを大事にしたかった。

結果、リッカを失う形になっても、それでもと。

リッカは大きな恋をしていて、初めて恋をして幸せであり悲しくもあった。
過去の過ちで恋をすることに怯えてたように私には思いました。
一度目は灯里さんと出会って、幸せででも叶わない恋を。
二度目はほとりちゃんと出会って、恋に臆病に、そしてようやく気づいた新しい恋心。

リッカと恋愛するのは大変だろうな。

だって、一度大きな失恋をして恋愛を怖がってるんだもん。
そしてバッドエンドでは失ってから気づいて大事だからこそ彼女の「今」を見守る
そういうアナザーストーリーがあったからこそ、そう思います。
また、ソラの鎌でリッカを助けるためにほとりちゃんは亡くなってしまったり、
もう大丈夫だからとソラを抱きしめるほとりちゃんがリッカルートでは描かれてます。

真相は謎ですが、ソラは完全なる悪ではないと思います。



エンド1は先生になったほとりちゃんとの再会。
エンド2はゼンさんにずっと待つからと、それが幸せかは分かりません
でも、きっと無駄にはならないと思います。