りょくの小部屋。*

りょくの好きなことを好きなだけ気ままに

Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~another record 初回&ゼン感想

 

お久しぶりですりょくです。
前回の更新から、約1年が経ってしまう所でしたね( *¯ ꒳¯*)

 

今年の11月に約5年務めてきたブラックなお仕事の方も区切りを付けて退職。
今は転職先を探しながら、今のうちに少し遊んでる状態です。
不採用通知の連続は凹む。そして結果すらくれない企業もあったり(笑)
でも、自分を見つめ返すいい機会にはなりました。

 

自己分析や企業研究。
正直新卒の頃、これらをちゃんとしておけば良かったんですが時間は戻せません。
春までに見つかるといいな、ということで息抜きに買っちゃいました。

 

f:id:LittleGirl_Cry:20171226190551j:plain

◆Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~another record



リバソンを攻略してる頃からずっと気になってました。
アバソンのVITA版になります、PC版途中で買おうとも思ったんですが
移植きっとするだろうと買わないで我慢してようやく発売したので購入。

リバソンではサブキャラとして登場してくれたゼンとリッカ。
アバソンのキャラは果たして登場するのかなーと思ったんですがしないぽいです
あるキャラのバッドエンドのアナザーで「もしかして、ココロちゃんたちと?」
そう想像を膨らませるような場面は一応ありますね


もしまだリバソンを遊んでない方はアバソンで遊ぶ前にやることをお勧め。

今回のお話しは、
前回は記憶を持たないまま冥界に迷い込んだココロちゃんとは真逆で、
「死」を宣告される狩られる形のお話しになります。

 



では、ゼンとリッカ攻略終わったので感想になります。
この記事ではゼン

 

Un:BIRTHDAY SONG~愛を唄う死神~

ゼン

キャラ      f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
シナリオ  f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
スチル     f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
糖度        f:id:LittleGirl_Cry:20161122200257g:plain

総合       f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
期待なんてしてなかったのに涙崩壊!

f:id:LittleGirl_Cry:20161122200155g:plain




まずはゼンからやりました٩(˙▿˙

1周目の感想も交えて書いていきたいと思いますね。
「お前の命を貰いに来た!」とゼンがいきなり言うもんだから
ほとりちゃん最初は怯えちゃって、外に飛び出したらバッド回収しちゃいました
バッドエンド、開始10分で見ることになるとは(笑)

今作の主人公は前作の元気なココロちゃんとは真逆で内気ですので
不審者しか見えないゼンたちに怯えちゃうのは当然ですね。
リッカが凄い大人に見えてしまいました。

それで学校はどこからか制服を用意して、無理やり横の席確保…って強引←



そんなゼンとリッカのお仕事は1か月後のクリスマスの日の命日。

それまで未練を残さないで「死」を迎えること。
未練があれば冥界に飛ばされてしまうため、それを解消させるという役目です。

そこで彼女が願ったことは学校の王子様のような彼に告白すること。


でもね、私、王子様キャラってなんか好きになれないんですよね。
なんか裏があるというか、うさんくさいというか、なんかあるよ静流くん。
前半から中盤は学生らしく、一緒に勉強したりご飯作ったり、
デートしたり、お見舞いに来てくれたりしました。

ほとりちゃんはゼンたちにきっかけや勇気をもらって
内気な性格だけど前向きに告白するために頑張って
たくさん静流くんにほとりちゃんは話しかけようとします。

テスト勉強なんて必要ない→二人は勉強苦手なんだね→そんなことねぇ→
じゃあやるよね→やってやらー… あ、

みたいな静流とゼンの流れが好きでしたヽ(`∀´)ノヽ(`∀´)ノ


距離は徐々に縮まってるように見える、付き合ってるみたい
だけど、近くて遠い距離がほとりちゃんと静流くんの関係でした。
結果、そんな彼に告白した結果… 振られてしまいます。じゃあどうして?
そこは本人のルートじゃないので分かりませんが何かありそうです。

そ・こ・で!

ゼンが泣いてるほとりちゃんを抱きしめて慰めます。

「じゃあ、俺と付き合ってみるか?」
え?付き合ってみる?誰と?ゼンと!!?ほとりちゃんと同様に?マーク点滅。
この時点では本音か嘘か見分けがつきません。ゼンさんのことを知っていきたい。
だからほとりちゃんはゼンと付き合うことを選びます。

初日からおでこにちゅーしちゃうゼンも抱きしめてリッカに見せつけるわ

リッカに「朝からいちゃいちゃしないでくれますか?」と
呆れてため息をつかれました。
ゼンといっぱいキスするし、抱きしめられるし糖分ありがとうございます。

ルートに入ってから、ゼンの心の裏側が見えてきます。
初日にピアノを話題にすれば怒り、嫌そうな顔でその話題を避けていました。
ほとりちゃんが大好きなピアニスト、如月 全の話しをしれば
ゼンは凄く複雑そうに、私の心中はああああって感じ(笑)


ゼンの生前の名前は如月 全。
そして、目が見えない盲目のピアニストでほとりちゃんと初恋の相手で
なんの偶然か生前、ゼンはほとりちゃんと父親にピアノを教わり、
そしてほとりちゃんや彼女の記憶から消されてしまった
彼の存在についてもたくさん聞いてた。ピアノを無理に弾けと言わない。

いつも親馬鹿で娘が大好きな彼の話しを聞いてた。
いつか会って欲しいと父親はゼンに話してました。だからこそ、繋がったんです。
ゼンがおぼろげになってる記憶が、ほとりちゃんからなくなった記憶も。


ゼンにとっても彼女にとっても辛すぎるよね。

目が見えなく真っ黒の世界。聞こえるのはピアノの音だけ。
なにもかもどうでもよくなって、それでも必死に頑張ってた彼を襲ったのは事故でした。
ゼンの母親が運転していた車が、5年前のあの日… 交差点を横断していた
ほとりちゃんとお兄さんに向かって衝突しました。

その責任の大きさも、ボロボロだった精神もこの交通事故をきっかけに壊れて、
自ら命を絶ちました。でも、その命は助かったんです。
体は元気なのに意識が戻らない結果、その魂は冥府に飛んで死神ゼンを生んだんです。


ピアノなんか嫌いだと言いながら、本当は大好きなゼン。
じゃなきゃあんな楽しそうにピアノを弾くわけがない、大好きだったからこそなんだね。ゼンは最初はヤンチャで言いたいこと遠慮なくいう死神のイメージでした。
目が見えないなんて、あんな過去があって自分でコントロールしようにも出来なくて堕ちてしまった。その暗い世界から手を差し伸べて光を与えたのが、ほとりちゃん。

1周目で、もうボロ泣きで前が見えなくなるならハニビさんそういって!

もう何も言わないから積んでる人、今すぐやって欲しい
そして彼を闇から救って抱きしめてあげて欲しい。
ゼンもう大丈夫だよね。

たくさんほとりちゃんに愛情をもらって幸せになって欲しいです。

リッカも終わってるので近いうち更新します!

とりあえず、ソラ落としたいです!彼も救いたい