読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょくの小部屋。*

りょくの好きなことを好きなだけ気ままに

Re:BIRTHDAY SONG 恋を唄う死神 │シュン感想


年が明ける前に
あげようと思ってたのに間に合わなかった

とりあえず、はてなブロガーの皆様
あけまして、おめでとうございます!
今年もよろしくお願いします(o´罒`o)♡ 


シュンルートも無事終了~♪
まぁ、確かに金太郎飴感は否めませんがそれもまた良し!
個別ルートの内容が良ければ文句は言わないたちです

終わりよければすべてが良しですね

f:id:LittleGirl_Cry:20161231223629p:plain
シュン

キャラ   f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
シナリオf:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
スチル   f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
糖度       f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain

総合      f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain

f:id:LittleGirl_Cry:20161122200155g:plain

 


ココロちゃんが記憶を持たない理由―。
ルートによって立場や関わりが変わっていくからなんですね
と、シュンくんまで終えて理解しましたねヽ(`∀´)ノ


攻略二人目は、ぶっきらぼうだけど
内面に優しさを持ち合わせてるシュンくんですね

というか、シュンの前にヒイロやはり貴方攻略したいです
なんだかんだ文句いいつつ、ココロちゃんの手助けしてる
ヒイロくんに私は落ちました(※いつものパターンです)



さて、本題ですね!

補習をやれと言われましたが、まぁ当たり前のように来ない!
当然のようにシュンくんは来ません
まさにもう定番だと思いつつ、
そんなシュンくんのせいでココロちゃんの課題が増えていく

だが、ココロちゃん勉学に目覚めたのか

補習を増やされるの苦じゃなくなってきてる落ち
ココロちゃんキミを尊敬するよ
私はシュンくん同様サボりたいほうに清き1票を入れます(笑)


それでシュンくんなにしてたかというとフクロウと遊んで
フクロウの怪我の手当てしてました
それもやたら動物に懐かれてるという、なんだその可愛い部分は!!
これじゃあ無理にでも補習出てよって言えないじゃないかバカ←


でも、なんだかんだ補習には出て来てくれるという

文化祭みたいなやつでも
文句いいながら裏方手伝ってくれたし、根は本当に優しい子です♪


だけど、ここで見た目から偏見を受けちゃうんですけどね
乱暴で、野蛮な連中と関わりたくないみたいな陰口言われて
シュンくん切れちゃったんですが
実は自分の事より、ココロちゃんの悪口叩かれたことに怒ってて


ゲーム展開的には、ハラハラって感じなんですが

私個人としては、なんだこのカッコいいシュンくんと
一人でときめいて騒いでました(バカ)
ここでのヒイロくんも何気にかっこよくてまた私の株が上がりました



そして、アメ…女装しても違和感ないってあなた

美人さんすぎるアメの女子力にまた驚き
ココロちゃんは可愛い感じに
仕上がりシュンくんのテンパり具合にご馳走様でした

そんなシュンくんですが、
彼もまた暗い過去の持ち主でしたね~(´;ω;`)









シュンくんの、生前の記憶は悲しいものでした
カイリの時も思ったけど、彼らの過去は重いものですね
昔は、ごく普通の幸せがあったかもしれないんですが
いつからかその当たり前が崩れていき、父親を亡くしたことをきっかけに

シュンくんの母親は、「恋人」に逃げるようになりました

愛が、恋さえあれば、自分の哀しみを消してくれる
一時期、それを忘れられると思い込み
いつも、違う恋人を家に連れ込み歌を歌っていた


そのことでシュンくんは歌は嫌いになっていました
当たり前ですよね、そんなことあって好きになる方がおかしい―。

だけどいつも息子に
酷い言葉を投げてから気づく自分の愚かさや過ちを―。


いけないことだと知りながらそれを止めることが出来なかった
そんな生活が続く中、シュンくんは彼女と出会います
たまたま公園で出会った少女、それがココロちゃんでした
いつもたわいのない話しをして、行き場のない言葉を聞いてくれていた

それだけでどれだけシュンくんの気持ちが和らいだか

そして忘れていた記憶―。

ココロちゃんは、シュンくんを庇って命を落としたんです
助けなきゃダメだって勝手に体が動いたんでしょう
お互いが忘れてたそんな気持ちや記憶…。


なんていうか校長先生何者?
たぶんあのダンディな声は校長先生だと思うのね

一度は両エンドで未練を晴らして、成仏するかと思いました
でも、そこはきちんとカイリとは違う幸せの結末がありました
成仏しようとしてるところを食い止めちゃうんだもん

ココロちゃんの愛は本物ってぐらい

どちらをとっても幸せなエンドでよかったです
だけど、しかし…ナミ先生なんかあるぞ!!
バッドエンド鎌で殺されたからね…ひえぇー…気になる気になるよ

 

広告を非表示にする