りょくの小部屋。*

りょくの好きなことを好きなだけ気ままに

Re:BIRTHDAY SONG 恋を唄う死神 │初回ルート カイリ感想


リバソン、カイリルート終わりました
結構楽しかったです
最初は恋愛過程どこだっけと感じてましたが
カイリの場合はあとからその理由で納得しました

f:id:LittleGirl_Cry:20161229234456p:plain
カイリ

キャラ    f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
シナリオf:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain
スチル   f:id:LittleGirl_Cry:20161122195029g:plain
糖度       f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain

総合      f:id:LittleGirl_Cry:20161122195202g:plain

 

f:id:LittleGirl_Cry:20161122200155g:plain

 

 
【感想。*】

ということで死神彼氏、リバソン初回プレイ終わりました~
最初に彼を選んだ理由は攻略順を調べたのもありますが
単純に、メインぽく王道ヒーロって感じが個人的にしたから。

実際はカイリ最初の印象はおちゃらけ
クラスのメイドメーカー

いたずら好きのおふざけ役って感じでした

ですが実際はその笑顔の裏に、辛い前世を持った持ち主でした
普段は上に述べた通り、ムードメーカー。
いたずらにカエルを忍ばせたり、ごはんに激辛煎餅を混ぜたり
行く道に花火を爆発させたりと、凄いいたずら好きです

ユユと一緒に最初の頃はいたずら日和でした



前世では家庭には決して恵まれてない人間で
父親と母親は毎日喧嘩ばかり、罵声が家で飛んでそれが日常―。

だけど、カイリはそんな毎日に笑顔を絶やさないでいた



「― 自分だけでも、笑っていよう。」

そんな幼いカイリの考えとは裏腹に、
両親は気味が悪いと思われていた
今思えば、必至に笑おうとしていたと思えるけど
その頃の父親は冷静な判断を下せなかった。


母親も次第に限界が訪れ、
そして、父親と離婚という形で離れることを決めたのです

そして、父親の不満は息子に当たるようになっていた
母親がいなくなったのはカイリのせい、
自分が不幸になったのはカイリのせい
不幸の全てをカイリを理由にして、

手を挙げ、言葉で傷つけもした。


そうして、カイリはおじいさんの作った
レプリカのおもちゃの銃を改造して本物の銃に改造し、
そして自らの命をその引き金で終わりにした

なんというか、非常に悲しいことですね(>_<)


カイリが明るいように見えて、
時より暗い…無関心な表情になる理由はそれだった
でも、実際は二人と不器用だっただけ―。

失って気づく家族の大切さも、言葉の重みも


あんな父親だったけど、たった一人の家族だった
カイリの未練は「父親」だったんです。
カイリ自身はなんともないと思ってたけれども自分が思ってるより
父親の存在は誰よりも思いの強い気持ちだったみたいです。

それもあり、転生ENDは未練を晴らして旅立ちます

もし現代であの出会いがあって
あれからずっと連絡とって気づけばお互い好きだった
そんな当たり前だけど、凄く幸せな転生ENDでした

 *


恋愛過程では、
「そんなのココロが好きだからだよ」

って、そんな台詞を聞いたとき

あれ、そんな突然でいいのだろうかと頭を悩みましたが
それが彼らしいというか、
ココロちゃんが自覚するまでが可愛らしい

まぁ、二人とも子供の頃に出会って
お互いがお互いを初恋だったという過去があったから
彼のために、彼女のために傍にいたいっていう
気持ちが純粋というか胸きゅんで、だからこその感情なのかなと。




というか、ヒイロくんを攻略したいと思ってしまった

最初は嫌味キャラとして登場するんですが
ココロちゃんにはその嫌味が全く通じてなくて素の天然殺しでした
それにヒイロくんも負けてしまって、赤面する場面はにやにや(*''▽'')

ミスコンのときはココロちゃんの
アフター姿見て、更に可愛くなってたしヒイロくん可愛いぜ☆
残念だなー。カイリ√じゃなかったら
もっと楽しい展開だったのにと妄想ヒイロくん√を想像が膨らむ(笑)

 
カイリは完全にミスコンから本気になって気がしますが

確かにココロちゃんのアフター姿はかわよい!

後ろからハグしてしまう気持ちも分からないでもないカイリよ
死神ENDではキスお預けを何度も食らうカイリに
思わず、笑ってしまったんですが、照れるココロちゃんも可愛い。
アフターストーリーではヨルに嫉妬するカイリもまた良しだね